車のトランクに常備しておきたい釣り道具8選

こんにちは思い立ったときに釣りに出かける、意識低い系釣り人のニシカワです。

自分の場合「この日釣りに行く」と決め打ちで釣行することは少なく、仕事帰りや出かける際に思い出したかのように釣りに出かけるわけです。

車には釣り道具を常備しておきたいわけですが、私が普段使っているのはかなり小さめの軽自動車。大掛かりな竿や道具をいくつも積んでおくわけにはいきません。

ということで、今回は私が車に常備している釣り道具の紹介です。本格的な釣りは出来ませんが、ファミリーフィッシングからルアー釣りまである程度対応できるかと思います。

釣り竿はコンパクトに「alpha tackle TRGR」


コンパクトに収納できるアルファタックルのトラギアシリーズは、常備ロッドにうってつけです。

私が使っているモデルは廃盤になってしまったのですが、現行のTRGR TIP・TOP S906MHは5〜45gのルアーを使ったシーバスゲームやライトショアジギング、エギング。餌を付けてチョイ投げ等万能に活躍出来ます。

仕舞寸法は53cmでトランクスペースでも場所をとらず、何しろ実売1万円を切るのが嬉しいですね。

デメリットとしては振出式の竿なので、準備が面倒というのがあります。並継が好みの方はメジャークラフトのクロステージ CRX-864Eあたりが良さそうです。

通常の2本継ロッドはメチャクチャ安い謎メーカーのロッドでもそこそこ使えますが、コンパクトロッドの場合耐久性や操作のしやすさが大きく変わってくるので、ある程度名前の通ったメーカーの物(1万円前後)をオススメします。

アルファタックル(alpha tackle)
¥9,146 (2019/12/13 04:15:22時点 Amazon調べ-詳細)

リールは定番の「SHIMANO エアノス 2500」


前途の竿に合わせるリールはSHIMANOの場合2000、2500番あたりだと思います。

私は自転車にも乗るのでSHIMANO派なのですが別にDAIWAでも構いません。車に放置されるのであまり高級な物でなく、ミドルクラスの一つ下辺りのモデルがいいかと思います。

思い立ったらルアー釣り「メジャークラフト ジグパラ」


基本的にエギングロッドなので、重いルアーは使えません。メタルジグであれば15〜20gが操作しやすい。メジャークラフトのジグパラは、初めからリアフック・アシストフックの両方がセットされているのでパッケージを開いてすぐ使うことができます。

狙える魚種は、根魚・小型の青物・カマス・タチウオ等多種多様で堤防からのルアー釣りでは十分でしょう。

Major Craft(メジャークラフト)
¥453 (2019/12/13 04:26:20時点 Amazon調べ-詳細)

ふとイカが食べたくなった時のために「タカミヤ エギボンバーブラザーズ」


私はエギングをあまりしないのですが、「この場所どう考えてもイカがいそう…」という場合に備えてエギのセットを用意。

タカミヤは九州・中部・兵庫あたりに展開している釣具のpointを運営する会社で安価で中々の品質の自社ブランド釣具を販売しています。

そんなタカミヤのエギボンバーブラザーズは、3号、3.5号が各3本ずつの計6本でケースもついて1,300円とかなりお求めやすいセットですね。

タカミヤ(TAKAMIYA)
¥908 (2019/12/13 04:26:21時点 Amazon調べ-詳細)

サビキ仕掛け


サビキ用の仕掛け・カゴ・人口餌の3点セットがあれば、釣りが得意でない友人や子供とファミリーフィッシングの定番サビキ釣りをする事ができます。

サビキ釣りといえば、何かしら釣れる可能性があるので勧めやすいのが良いですね。

また、サビキの仕掛けとメタルジグを組み合わせてジグサビキ化するのも釣果向上の一手です。

PRO MARINE(プロマリン)
¥130 (2019/12/13 06:27:24時点 Amazon調べ-詳細)
マルキュー(MARUKYU)
¥440 (2019/12/13 10:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

クーラーバッグ「サーモス ソフトクーラーバッグ 5L」


コンパクトに収納できるので、クーラーボックスでは無くバッグタイプの物を用意しています。

ビニール袋・ジップロックを入れておき、釣った魚やゴミを持ち帰ります。

また、釣行の際は仕掛けやルアーなど釣り具を入れるカバンがわりにもなるので身軽に釣り場まで行くことができます。

サーモス(THERMOS)
¥3,047 (2019/12/12 16:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

キッチンバサミ


釣った魚を締めたり、糸を切ったりと万能なハサミ。フィッシングナイフでも良いのですが、ハサミの方が取り回しがしやすいのです。

これらをまとめて「明邦 ハードマスター」に収納


明邦は釣り用のボックスでも有名ですが、私は工具用の物を使っています。釣り用の物より安い割に造りがしっかりしており、尚且つ近所のホームセンターで入手可能です。

防水性能や道具のしまい易さなどは専用の物と比べると劣ると思いますが、そもそも釣り場まで持ち歩くことは少ないので問題なし。

メイホウ(MEIHO)
¥2,270 (2019/12/13 04:15:24時点 Amazon調べ-詳細)

さぁ、釣りに出かけよう

ブログを久し振りに更新しましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

釣り具を車に常備していると言いましたが、そこまで頻繁に出かける事が出来ていません。

家族旅行の際は海辺の温泉街に行くように妻におねがいして、ようやく行ける…みたいな感じです。

一応和歌山に引越しましたので、釣り場には近くなったはずなのですが…上級者の皆様ぜひオススメの釣り場を教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です